HOME > サービス付き高齢者向け住宅への補助金

サービス付き高齢者向け住宅へ補助金が助成されます

サービス付き高齢者向け住宅整備事業

国土交通省による「サービス付き高齢者向け住宅」の
整備に対して補助金が助成される制度がスタートしています。

高齢者の居住の安定確保の推進を図る為、一定の要件に該当する
サービス付き高齢者向け住宅の整備事業を対象とし、
事業主及び建築主土地オーナーを含むに住宅施設の建設工事費に係る補助金が助成され 税制優遇が受けられます。


補助金の支給額

新築の場合建設工事費の1/10を補助

サービス付き高齢者向け住宅のことに関してお気軽にご連絡下さい

住宅の要件

平成25年3月31日までの間に、「サービス付き高齢者向け住宅」を新築または取得した場合、所得税・法人税の割増償却、固定資産税の減額、不動産取得税の軽減措置が適用されます。

優遇税制

サービス付き高齢者向け住宅整備事業とは?

高齢者が安心して生活することができる住まい・住環境の整備その居住の安定確保を図ることを目的としています。

サービス付き高齢者向け住宅整備事業は、
高齢者世帯や要介護者等の増加に対応し、高齢者が安心して生活する事ができる
住まい・住環境の整備により、その居住の安定確保を図ることを目的としています。
この観点から、バリアフリー構造等を有し、介護・医療と連携して、
高齢者を支援するサービスを提供する「サービス付き高齢者向け住宅」として
登録される住宅の整備事業を公募し、予算の範囲内において、
国が事業の実施に要する費用の一部を補助し支援します。

高齢者専用賃貸住宅補助金の詳しいご説明をご希望の方はご連絡ください。 0120-958-060

サービス付き高齢者向け住宅のイメージ

高齢者住宅事業は当社がこれまで力を入れてきた事業だからこそこれから開設される方に最善のプランでサポートいたします。
住宅の要件

原則25u以上
※共同利用の居間、食堂、台所等が十分な面積を有する場所は18u以上

原則、台所、水洗便所、収納設備、浴室の設備

バリアフリー構造
(手すりの設置、段差の解消、廊下幅の確保)
※改修の場合であって物理的・経済的に困難な場所はこの限りではない。

サービスの要件

少なくとも状況把握(安否確認)サービス、生活相談サービスを提供。

社会福祉法人、医療法人、指定居宅サービス事業所等の職員または医師、看護師、介護福祉士、
介護支援専門員、ヘルパー2級以上の資格を有する者が少なくとも日中常駐し、サービスを提供する
常駐しない時間帯は、緊急通報システムにより対応。

※都道府県知事が策定する高齢者居住安定確保計画において、別途基準を設ける場合があります。

その他の要件

サービス付き高齢者向け住宅として登録される住宅であること。

サービス付き高齢者向け住宅として10年以上登録するものであること。

地方公共団地の策定している高齢者居住安定確保計画、介護保険事業(支援)計画等の 計画に照らして支援となるものでないこと。

入居者の家賃の額が、近傍同種の住宅の家賃の額と均衝を失しないように定められるものであること。

入居者からの家賃等の徴収方法が、前払いによるものに限定されていないものであること。

書面による契約であること。

居住部分が明示された契約であること。

権利金その他の金銭を受領しない契約であること。 (敷金、家賃・サービス費および家賃・サービス費の前払金のみ徴収可。)

入居者が入院したことまたは入居者の心身の状況が変化したことを理由として※入居者の同意を得ずに居住部分の変更や契約解除を行わないこと。

サービス付き高齢者向け住宅の工事完了前に、敷金及び家賃等の前払金を受領しないものであること。

家賃等の前払金を受領する場合
・家賃等の前払金の算定の基礎、返還債務の金額の算定方法が明示されていること。
・入居後3ヶ月※以内に、契約を解除、または入居者が死亡したことにより契約が終了した場合、[契約解除までの日数×日割計算した家賃等]
※を除き、家賃等の前払金を返還すること。
・返還債務を負うこととなる場合に備えて、家賃等の前払金に対し、必要な保全措置※が講じられていること

※都道府県知事が策定する高齢者居住安定確保計画において、別途基準を設ける場合があります。

サービス付き高齢者向け住宅への補助金に関するお問い合わせ