VR認知症

VR認知症は、認知症でない人が日常にありがちな出来事を通じて認知症の中核症状を疑似体験するものです。

そこに生じる不安や怒りは決して「認知症だから」という特別なものではないこと、そしてその時にどんな人がうてくれたら穏やかになれるかを考えるきっかけになることを目的としています。

VR認知症プロジェクト

認知症になると想いを表出しづらくなり、代わりに起こす行動が周囲には理解できないものと映ってしまうことが多くあります。表面的な行動は、徘徊をはじめとする様々な専門用語で括られ、認知症だから起こすものと思われがちです。しかし認知症だからではなく、混乱する環境においては誰もが通常と違う行動を起こすものと理解し、始まったのがVR認知症プロジェクトです。

VR認知症体験会