HOME > 新着情報&イベント情報
【高齢者住宅新聞】特養とサ高住の看取りモデル提示!!
新着情報
2014.10.08

点滴はもういらない
〜最期を決める覚悟とタイミング〜
ピポ・サイエンス出版 1500円(税別)

看取りをテーマに、在宅医と特養施設長、サ高住経営者の3人がそれぞれ実践体験を披露する。

第T部
看取り在宅医療 尊厳あるための勇気と覚悟
佐々木 淳(ささき じゅん) 
医療法人社団悠翔会理事長、診療部長

第U部
施設を「終の棲家」にするということ 
いのちを生ききり、次代へ引きつぐ
小川 利久(おがわ としひさ)
エイジング・サポート実践研究会代表

第V部
高齢者住宅で生ききる
老衰という、苦しくもなく、尊厳ある死のために
下河原 忠道(しもがわら ただみち)
(株)シルバーウッド代表取締役

書評・浅川 澄一
ジャーナリスト 元日本経済新聞 編集委員

私たちの実践事例が、多くの方の不安を払拭し、超高齢社会を、「生活の場=「終の棲家」で生ききるために必要な判断の一助になれば幸いです。

是非、皆様ご一読下されば嬉しく思います。

著書の紹介が掲載されました。

【2014年10月8日 第322号 高齢者住宅新聞】





PDF

カレンダー
2014年10月


過去の記事

サービス付き高齢者向け住宅へ補助金が助成されます
家族みんなで考える土地活用