HOME > 新着情報&イベント情報
外壁タイル張り仕様の層間変位追従性能試験を行いました。
新着情報
2009.10.08

スチールパネル工法を採用する案件でご要望の多い高齢者住宅・施設系において、外壁のタイル張り仕様が増えてきたことに対し、株式会社シルバーウッドでは、地震時のタイルへの影響を確かめるための層間変位追従性能試験を行いました。一次設計(許容応力度計算)時の層間変位角1/200rad時でタイルの脱落は無し、剥離も無いことを確かめました。

※層間変位追従性能試験とは
建築物が地震や台風によって揺れた時、外壁やタイルなどが脱落、損傷しないことを確認する試験です。

カレンダー
2009年10月


過去の記事

サービス付き高齢者向け住宅へ補助金が助成されます
家族みんなで考える土地活用